みんなのハテナ
 どのような病気であっても、何度の熱であっても、お風呂は絶対にだめという条件はありません。お風呂に入ったせいで病気が悪化することはありません。あまりしんどそうでなければ、短めにお風呂に入れてあげた方が汗を流せてさっぱりし、熟睡できるでしょう。冬場であれば、部屋をあたたかめにして、湯冷めしないようにすることが大切です。逆に言えば、必ず毎日お風呂に入らなければならないわけでもありません。数日に1回のお風呂でも大丈夫ですし、汗をかいた後であれば、お湯に浸したタオルで拭いてあげるだけで体の清潔を十分に保つことができます。
 夜間に熱がなければ、学校へ行ってもよいでしょう。熱は昼より夕方から夜に出やすいので、夜に熱が出なかったということは体調が安定していることを意味します。ただし、学校に行ったけれど午後から熱が出てきて、呼び出しがかかる可能性はあります。ほとんどの場合、自宅にいても学校にいても、熱が出るか出ないかは同じでしょう。
[*] バックナンバー
[0] トップへ戻る