みんなのハテナ
カゼは一般的にウイルスによる上気道(鼻・のど・気管)の炎症です。一方、肺炎はウイルスによることもありますが細菌によるものがほとんどです。したがって、原因が違いますから、カゼがこじれて肺炎になることは本来ありません。もし肺炎になったとしても、お風呂に入ったせいとか、世話の仕方が悪かったせいではありません。ただし、体の弱っている方では、カゼ(ウイルス性上気道炎)が長引いて体の抵抗力が低下し、そこへ細菌感染が2次的に引き起こされて、肺炎(細菌性肺炎)になることがあります。また、インフルエンザの場合には、インフルエンザ・ウイルスが気管の粘膜を強く損傷するため、そこへ細菌がくっつき、肺炎や気管支炎に移行することがあります。インフルエンザの熱が下がり始めた頃に、咳が強くなり、熱が再び出始めたら要注意です。
[*] バックナンバー
[0] トップへ戻る