みんなのハテナ

最近、RSウイルス感染症が流行し始めていて、乳幼児にとっては非常に危険なので要注意ということが報道されています。RSウイルスは冬場に流行することが多いウイルスで、大きなお子さんや大人では単なるカゼの原因の一つです。しかし、乳幼児、特に6か月以下の赤ちゃんがかかった場合には、セキが強くなり、100メーターを全力で走った後のようにゼーゼーと荒い息になります。そして、息が入りにくいので胸が呼吸に合わせてぺコンペコンと上下するようになります。これは気管支の奥の方の細い部分の炎症によるもので、「細気管支炎」と呼ばれます。重症になると、息が荒いため哺乳ができなくなり、時に無呼吸発作が出現するために危険であり、入院が必要になります。入院の際は、点滴で水分補給をして、呼吸障害に対しては酸素吸入や補助呼吸をします。軽症であれば、普通のカゼと同じような治療で十分で、特効薬はありません。予防にはマスク(特にセキをしている人)と手洗いが大切です。

[*] バックナンバー
[0] トップへ戻る