みんなのハテナ

 アトピー性皮膚炎の治療にはステロイド軟膏(またはクリーム)が使用されますが、その副作用を心配される方が多くいらっしゃいます。ステロイド(別名は副腎皮質ホルモン)はリウマチや膠原病などの自己免疫疾患を抑えるのに非常に効果がありますが、いろいろな副作用があります。しかし、これは全身の炎症を抑えるためにステロイドを長期間に渡って服用し、ステロイドが全身へ浸透し続けるためです。アトピー性皮膚炎においてはステロイド軟膏を皮膚に塗るだけですから、皮膚から吸収される量はわずかで、全身に影響することはありません。前回ご紹介したように、ステロイド軟膏の強さの違いと皮膚の薄さの違いを覚えましょう。だらだらと使い続けずに早く弱い軟膏に切り替えましょう。

[*] バックナンバー
[0] トップへ戻る