みんなのハテナ

 「インフルエンザ」はインフルエンザ・ウイルスの感染によって引き起こされる病気で、大きくはA型とB型に分かれます。平成21年に流行した“新型(H1N1)2009”と呼ばれているのは、A型に属します。「カゼ」というのは、せき・鼻水・のどの痛み・熱といった症状を伴う状態の総称で、カゼの症状を引き起こすウイルスは200種類ぐらいあると言われています。一般的に、インフルエンザはカゼに比べて、熱が高く、頭痛や関節痛が出やすいと言われていますが、症状だけから区別することは不可能です。鼻水やのど拭い液でインフルエンザ定性検査をすることで確認ができますが、これも100%の診断率ではありません。特に、熱が出始めて12時間以内は、ウイルスが十分な量に増殖していないので、検査が陰性であってもインフルエンザである可能性が残ります。

[*] バックナンバー
[0] トップへ戻る