みんなのハテナ

 子供たちがカゼをひくと、よく目ヤニが出るようになります。涙はデリケートな角膜を常にうるおしておくために、常に少しずつ涙腺から流れ出ています。その涙は目頭から鼻腔内へ通じるトンネル(鼻涙管:びるいかん)を通り、鼻腔内へ流し出されます。そのために泣いて涙が増えると、鼻水が増えるのです。カゼをひくと鼻の粘膜が炎症を起こしてむくみ、この鼻涙管が圧迫され、涙が鼻へ流れにくくなります。結果、せき止められた川のように、汚れ(目ヤニ)がたまるわけです。
 白目(眼球結膜)が充血して赤くなっている場合には、細菌性結膜炎の可能性がありますから、抗菌薬が入った点眼薬を使った方が良いでしょう。しかし、白目が充血していなければ、点眼薬を使わず、目ヤニを拭いておくだけでも、鼻づまりが軽減すれば治ります。目頭から鼻の頭の方向へ、指で皮膚を軽くマッサージしてあげると、鼻涙管に詰まった目ヤニを絞り出すことになり、早く軽快することがあります。

[*] バックナンバー
[0] トップへ戻る