みんなのハテナ

 インフルエンザ・麻疹・おたふくカゼのワクチンは卵を使って作っていますから、卵アレルギーのあるお子さんには要注意と言われます。しかし、ワクチンの精製段階で卵の成分はほとんど除去されますので、卵アレルギーを起こす可能性は非常に少ないです。厳密に卵の食事制限をしていたり、アナフィラキシーという強いアレルギー症状が出たりといった、強い卵アレルギーを持っているお子さんには、次の3つの方法があります。①アレルギー反応は30分以内が最も多いので、接種後30分間は病院・診療所内で遊んで待つ。②わずかの量を接種して20~30分間経過をみて、何も起きないことを確認したうえで、全量を接種する。③インフルエンザはワクチンによって完全予防できるわけではなく、治療薬がありますから、接種しない。  

[*] バックナンバー
[0] トップへ戻る