みんなのハテナ

 昔は、近所にオタフク・麻疹(はしか)・水ぼうそうの子供がいると、うつしてもらいに子供を連れて行くということがされていました。このような病気に大きくなってからなると非常に重症になるから、小さい時にかからせてしまおうというものです。
  これは予防接種がない時代のことです。予防接種による副作用は確かにありますが、頻度が高くありません。また、オタフクそのものは危険な病気ではありませんが、合併症の聴力障害は永久的な難聴を残します。麻疹ではまれにですが合併症の脳炎や肺炎で死亡することがあります。すなわち、病気そのものより、合併症の危険性を考えて、「うつしてもらいに行く」ことはしない方が良いでしょう。  

[*] バックナンバー
[0] トップへ戻る