みんなのハテナ

 熱中症になりやすいのは、気温が高い・湿度が高い・風が弱い・急に暑くなった日です。気温が高いと汗が多くなりますし、湿度が高い・風が弱いと汗が乾かないので体温を下げるのが難しくなります。熱中症が8月より7月に多いのは、体がまだ暑さに慣れておらず、薄い汗を出して塩分の喪失を防ぐ順応ができていないからです。
 熱中症になったら、涼しい場所へ移動し、衣服に水をかけて団扇(うちわ)や扇風機であおぐことで、体を冷やします。スポーツ飲料や食塩水(水1リットルに塩1~2g)を飲みます。冷たい飲み物の方が吸収速度が速いのに加え、体温を体の中から下げる効果がありますので有効です。アイスノンがあれば、首筋・脇の下・股関節部分を冷やします。自分で水分補給ができなかったり、体温が上昇していたり、意識障害やけいれんが出現した場合には、医療機関を受診しましょう。  

[*] バックナンバー
[0] トップへ戻る