みんなのハテナ

 熱中症を予防するためには、事前からのこまめな水分補給が大切です。スポーツなどで最も高いパフォーマンスを出すためには、事前からの水分補給が必要です。また「ノドが乾いた」と感じた時はかなり水分が減少した後ですから、のどが渇く前からのこまめな水分補給が適しています。30分ぐらいまでの運動であれば水分だけの補給で良いと言われていますが、それ以上になれば塩分の補給も重要になります。
 暑さに慣れることも、熱中症の予防の方法です。いつも冷房を使い、暑さを避けていると、暑い時の汗のかき方を体が忘れてしまいます。暑さに順応してくると、塩分の喪失を防ぐために体は塩分の薄い汗を出すようになります。  

[*] バックナンバー
[0] トップへ戻る