みんなのハテナ

 溶連菌(ようれんきん:正式名称はA群β溶血性連鎖球菌)がのどで繁殖すると、のどが真っ赤になり、扁桃腺に白い膿が付きます。のどの痛みが強く、熱が出ます。時に、舌がイチゴのように赤いブツブツになります。また時に、体や腕にかゆみを伴う細かい赤い発疹が出ることがあり、猩紅熱(しょうこうねつ)と呼ばれます。
 溶連菌には抗菌薬が非常に有効で1~2日で解熱しますが、のどに解熱後も菌が残っていてぶり返し易いので、7~10日間は続けて服用する必要があります。発疹が消えるのには4~5日かかります。のどからの飛沫感染で友達にもうつりやすいので、抗菌薬を飲み始めて丸1日は保育園・幼稚園・学校を休んでください。また、兄弟姉妹が熱を出したり、ノドを痛がる場合には、早めに受診してください。大人に
もうつることがあります。

[*] バックナンバー
[0] トップへ戻る