みんなのハテナ

 溶連菌が重要なのは、まれですが急性糸球体腎炎(尿に血が混じる)やリュウマチ熱(心臓の弁に障害を残す)などの続発症を起こすことです。抗菌薬がなかった昔には、急性糸球体腎炎やリュウマチ熱が非常に多く発生しました。しかし、抗菌薬が非常に有効ですから、現在ではほとんどありません。その予防のためにも、抗菌薬を7~10日間きちんと服用する必要があります。  
 リュウマチ熱は熱が高く、関節痛・発疹といった症状が出ますから、見逃されることはありません。しかし、急性糸球体腎炎はかなり進行しないと、血尿や顔・足のむくみといった症状が現れません。軽いうちに見つけるためには、尿検査が重要です。抗菌薬を飲み終わった3~4週間後に尿検査を一度受けてください。

[*] バックナンバー
[0] トップへ戻る