みんなのハテナ

 生後6か月までの赤ちゃんはほとんど熱を出しません。これはお母さんから胎盤を経由して、免疫グロブリンという体を守る抗体を譲り受けているからです。その免疫グロブリンは6か月ぐらいでなくなるので、それ以降は熱を出しやすくなります。熱を出すことはウイルスに感染して、そのウイルスと戦って相手を覚え、免疫を獲得する作業をしているのですから、将来に向けて大切なことなのです。
 お母さんもカゼで熱をだすことがあるわけですから、この時期の乳児がカゼで熱を出すことはあります。しかし、乳児は症状が出にくく、病状が急激に変化することがあり、診察・検査が難しく、検査結果が病状を反映しない時があるので、要注意です。生後2~3ヵ月まで、特に生後1か月までの乳児では、発熱した場合には全員を入院治療としている病院もあります。それくらい慎重に経過を見る必要があり、それくらい慎重に治療すれば安心なのです。

[*] バックナンバー
[0] トップへ戻る