みんなのハテナ

 赤ちゃんが“おむつかぶれ”になることはよくあります。おむつかぶれの塗り薬をつければ、大抵の場合、2~3日で軽快します。でも時々、お薬を塗っていても変わらないか、悪くなる場合があります。そのような場合には、カビを考える必要があります。
 食品に生えるカビと同じように、皮膚のカビも湿っていて栄養のある所に生えます。人の皮膚に生えるカビで一番よく知られているのが、足の“みずむし”です。きちんとした革靴などをはいていると足がむれるため、そして人の皮膚にはタンパク質などの栄養がたくさんあるため、カビが生えやすいのです。顔や手といった、乾燥した皮膚にはカビは生えません。オムツの中はオシッコやウンチでいつも湿っているので、カビが生えやすい条件がそろっています。パンツをはいている子供たちでは、湿り気が少ないので、カビはほとんど生えません。

[*] バックナンバー
[0] トップへ戻る