よむミルク
 私(多賀)には娘が一人います。えてして大人である両親二人で一人の子供を叱る場面がありました。当然のことながら、娘は完全に逃げ場がなくなり、萎縮してしまいます。それ以来、私が娘を叱る時は、家内も抱き合わせにして「おまえ(家内)も同じことをしているだろ!」と叱るようにしました。これであれば、一人の大人が子供と大人の二人を叱ることになります。「窮鼠(きゅうそ)ネコをかむ:追いつめられたネズミはネコをかむこともある」と言われるように、人は追いつめられると何をするかわかりません。お父さんが叱ったらお母さんが助け船を出す、子供の言い訳を受け入れてあげる、他のことを次々と引き合いに出さない、長々と叱り続けない、叱った後はしばらくそっとしておく、いつまでも尾を引かない、といったように“逃げ場”を準備しておいてあげる心の余裕・冷静さが大切です。それが怒らない叱り方、すなわち“大人の叱り方”です。
 余談ですが、家内も抱き合わせで叱った後には決まって、「親が親を叱ると、親の威厳がなくなるじゃないの」と家内に叱られました。
[*]バックナンバー
[0] トップへ戻る