よむミルク
 子供に離婚したことの説明をする必要が必ず出てきます。分かるはずがないと考えて、子供にうその説明をするのは危険です。その場しのぎのうそを使うと、次の時につじつまが合わなくなり、さらにうそを重ねることになります。前回の説明を自分が正確に覚えているわけではありませんから、話す内容がだんだんと違ってきます。子供はすべてを覚えていませんが一部をかなり正確に覚えていますから、「前と違ってる」と不信に思います。すべてのことを正確に話すべきというのではありません。子供のその時期に見合った言い方で、うそではない内容で話してあげて欲しいのです。子供に尋ねられた時のために、どのように話すかを事前に決めておいたらよいでしょう。そして、同じ言い方を繰り返すと、子供は納得していきます。
[*]バックナンバー
[0] トップへ戻る