よむミルク
 “お父さん作り”の二つ目のツボは、お父さんが少しでも何かしてくれた時に“ありがとう”ということです。『たがのわ:よむミルク』の「ありがとういっぱい運動」に「ありがとうの7原則:①ありがとうには人を動かす力がある」で書きました。相手に対して「あれして、これして」と指図する以上に、何かしてくれた時に“ありがとう”と言うようにすると、次の時もしてくれるようになります。
 あるお母さんが「私たち主婦は、昼も仕事、夜も仕事よ」と言っていました。つまり、昼は会社での仕事、夜は家事と育児と旦那の世話。だから、お父さんが少し家事や育児を手伝ってくれても、「それぐらい父親として当り前よね」と思ってしまい、ありがとうと言わないのです。「ありがとうの7原則:④ありがとうは伝染する」のですが、言わないのも伝染します。これまでに作って来た「ありがとうの7原則:⑥ありがとうにはハードルがある」を、いま飛び越してみましょう。
[*]バックナンバー
[0] トップへ戻る