みんなのハテナ

 アトピー性皮膚炎・虫さされなどの皮膚の炎症に対しては、ステロイド入りの塗り薬を使用します。ステロイド入りの塗り薬は非常に種類が多く、医療機関から次々に処方されて、たくさんの種類が自宅に貯まってしまいます。
 ステロイドはその効果の強さによってストロンゲスト・ベリーストロング・ストロング・マイルド・ウィークの5段階に分類されます。どれとどれが同等かということをインターネットでも調べることができます。
 ステロイドの塗り薬には皮膚萎縮・にきび・多毛などの副作用があり、効果が強い分だけ副作用も出やすいとされています。特に、顔・頚部・腋窩・外陰部の皮膚は皮膚の厚さが薄くて副作用が出やすいので、1段階下の強さのものを使用することが推奨されています。皮膚の副作用は、ステロイドの塗り薬の中止によって軽減・消失します。
  しかし、副作用を恐れるあまり、ステロイド入りの塗り薬を少ししか使わず早々に中止するため十分に治らない場合が時々あります。しっかり使って、早めに下の段階の強さのものに変更するか中止する方が、トータルで副作用が出にくいと私は考えます。

[*] バックナンバー
[0] トップへ戻る